コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力への国家支援

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力への国家支援

原発1基あたり、運転開始までの10年間に約480億円、その後の40年間に約900億円が、電源三法交付金として立地地域に支払われる。使用済み核燃料の再処理や放射性廃棄物の最終処分の費用は、推計総額約19兆円。これらの費用は、電源開発促進税などのかたちで電気料金から徴収されている。東京電力福島第一原発事故の関連では、損害賠償額が2年間だけで4兆5400億円、廃炉費用は1兆1510億円が見込まれている。除染にも1兆円以上がかかる見通しだ。

(2012-02-04 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android