コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力供給国グループ(NSG)

1件 の用語解説(原子力供給国グループ(NSG)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力供給国グループ(NSG)

核燃料や原子炉、原子力関連機器・技術の輸出を管理・規制し、核不拡散を目指す国際的な枠組み核不拡散条約(NPT)非加盟のインドが74年に核実験をしたのをきっかけに、78年に正式発足。米ロ英仏中の核保有国のほか、日本、オーストラリア、欧州各国など計45カ国が加盟。インド、パキスタン北朝鮮イスラエルは参加していない。核燃料や原子炉を輸出できるのは、輸入国が国際原子力機関(IAEA)と包括的保障措置(核査史を受け入れる協定を結んでいることが条件になっている。

(2008-08-28 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力供給国グループ(NSG)の関連キーワード原子力工学核燃料サイクル開発機構ACRS原子核燃料原子力協定原子力財産保険原子炉格納容器原子力2法人統合国際原子力パートナーシップ(GNEP)米印原子力協力協定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone