コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力災害対策編

1件 の用語解説(原子力災害対策編の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力災害対策編

災害対策基本法で策定が義務づけられた地域防災計画の中で、原発の過酷事故を想定した実践的な避難訓練や甲状腺被曝(ひばく)を予防する安定ヨウ素剤の配布基準などを定めた項目。この他に震災や津波、風水害、火山の対策編がある。福島第一原発事故を受けた防災対策の重点区域拡大で、原子力災害対策編の策定を求められる自治体は21道府県と135市町村になった。

(2013-03-17 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力災害対策編の関連キーワード災害対策基本法防災基本計画財政健全化法肝炎対策基本法緊急災害対策本部非常災害対策本部防災業務計画がん対策基本法自主防災会(自主防災組織)災害救助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力災害対策編の関連情報