コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力船むつ

1件 の用語解説(原子力船むつの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子力船むつ

国内初の原子力船で1969年に進水、むつ市が母港。74年8月26日、漁民らの反対を押し切り、出港。9月1日、太平洋上で出力上昇試験中に放射線漏れを起こし、帰港反対運動が起きた。95年原子炉撤去。96年に改造され海洋地球研究船「みらい」となった。

(2014-08-13 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力船むつの関連キーワード原子力船原子力船定係港マクマーン法むつ原子力村エンタープライズ原子力損害賠償責任保険原子力船むつ消失事件原子力の平和利用日本原子力船開発事業団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力船むつの関連情報