コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子炉の置き換え

1件 の用語解説(原子炉の置き換えの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原子炉の置き換え

古い原発を廃炉にし、代わりに新しい炉を造るのが「置き換え(リプレース)」だ。最新の大規模な原子炉にすることで、経済性や安全性が向上すると期待されている。国内の原発では、日本原電敦賀1号帰中部電力浜岡原発1・2号機ですでに「置き換え」が決まっている。新たな原子炉の建設には10年以上かかるが、廃炉はそれを上回る20年ほどかかるとされる。運転を止めてから、放射線の影響が小さくなるまで5~10年ほど間を置く必要があるからだ。

(2010-06-29 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子炉の置き換えの関連キーワード廃炉新しい酒を古い革袋に入れる新旧新古新陳真新しい略押代り役立代り手札代り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone