原子炉格納容器スプレー設備(読み)ゲンシロカクノウヨウキスプレーセツビ

デジタル大辞泉の解説

げんしろかくのうようき‐スプレーせつび〔ゲンシロカクナフヨウキ‐〕【原子炉格納容器スプレー設備】

加圧水型原子炉の安全設備の一。事故が発生した際に、原子炉格納容器の破損を避けるために、原子炉格納容器内で、ヨウ素除去剤やホウ酸を含む水を散布し、格納容器内の温度・圧力を下げ、気体状の放射性ヨウ素を除去する。沸騰水型原子炉では格納容器スプレー冷却系(CSCS)という。CSS(Containment Spray System)。→炉心スプレー装置
[補説]ホウ酸水は中性子を吸収し、核分裂反応を低下させる効果がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android