コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原弘産の統合・提携提案

1件 の用語解説(原弘産の統合・提携提案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原弘産の統合・提携提案

同社が株式公開買い付け(TOB)で日本ハウズイング株を50%以上取得して子会社にすることをめざす。18日時点で原弘産グループはハウズイング株11・84%を保有する。提案では、ハウズイングの不動産開発部門を原弘産と統合、経営資源を不動産管理事業に集中するのがねらいだ。原弘産は「TOB実施はハウズイングの賛同を得ることが条件」としているが、今のところハウズイングは提案への賛否を明らかにしていないため、敵対的買収になる可能性もある。

(2008-02-29 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原弘産の統合・提携提案の関連キーワード公開買付代理人TOB株式公開買い付け株式公開買付株式公開買い付け(TOB)株式公開買付け、TOB

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone