コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原松洲

美術人名辞典の解説

原松洲

江戸後期の儒者・詩人・書画家。越後柏崎生。名は簡、字は南史、通称を清介、別号に別所。上総高崎、ついで故郷柏崎で教師となる。のち桑名藩主の取り立てで士分となった。著書に『詩抄』『周易筆記』等がある。巻菱湖と親交した。文政12年(1829)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone