原爆供養塔

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆供養塔

供養塔がある場所は原爆投下前は寺の境内で、被爆後に多くの犠牲者の臨時火葬場となった。その後、近くに供養塔や納骨堂が作られた。一帯は1954年に平和記念公園になり、広島市と民間組織の「広島戦災供養会」などが55年、引き取り手のない遺骨を納める新たな供養塔を建てた。供養塔の地下の納骨堂には、引き取り手のない約7万人分の遺骨がある。

(2017-10-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原爆供養塔の関連情報