コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆症認定制度の変遷

1件 の用語解説(原爆症認定制度の変遷の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆症認定制度の変遷

原爆症患者への援護は1957年施行の原爆医療法から始まった。当初は医療給付だけだったが、60年に医療手当、63年に栄養補給費や薬代にあてるための特別手当が設けられ、81年に一体化されて医療特別手当となった。原爆症以外の病気を対象にした健康管理手当は68年に設けられ、現在、被爆者の9割弱の約19万人が受給している。

(2011-08-06 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原爆症認定制度の変遷の関連キーワード原爆原爆症原爆症認定被爆者健康手帳原爆症認定集団訴訟広島と長崎の原爆戦争被害に対する補償・援護沖縄の被爆者と救済策の遅れ岡崎マキ仲みどり

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone