コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆症認定制度の変遷

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆症認定制度の変遷

原爆症患者への援護は1957年施行の原爆医療法から始まった。当初は医療給付だけだったが、60年に医療手当、63年に栄養補給費や薬代にあてるための特別手当が設けられ、81年に一体化されて医療特別手当となった。原爆症以外の病気を対象にした健康管理手当は68年に設けられ、現在、被爆者の9割弱の約19万人が受給している。

(2011-08-06 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

原爆症認定制度の変遷の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎フラー(Curtis Fuller)マキノ雅広森一生反右派闘争石井桃子内田吐夢加藤泰黒澤明

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android