コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆症認定基準

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆症認定基準

国の原爆症認定では、爆心地からの距離などに基づく推定方式「DS86」で算定した被爆者が浴びた放射線量を基に、性別や当時の年齢などを考慮して疾病のリスクをはじき出した「原因確率」という指標が用いられ、その値が高いほど認められやすい。DS86は残留放射能や内部被曝(ひばく)をほとんど考慮しておらず、申請を却下される被爆者が続出している。03年以降、不認定処分の取り消しを求める訴訟が相次ぎ、大阪、広島、名古屋、仙台、東京、熊本の6地裁が、いずれも原告勝訴の判決を言い渡した。

(2007-08-06 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

原爆症認定基準の関連キーワード原爆被爆者援護法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原爆症認定基準の関連情報