コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆稲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆稲

1945年10月、九州大学農学部が長崎市の爆心地から600~2500メートルの水田から採取した子孫原爆の強い放射線によって染色体が切断され、今でも半分ほどの稲に実が入らない「不稔粒」が現れる。同大が研究のために栽培を続け、平和運動に取り組む福岡市NPO法人「九州アジア記者クラブ」が育て継ぐ活動をしている。

(2010-11-26 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android