コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆稲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆稲

1945年10月、九州大学農学部が長崎市の爆心地から600~2500メートルの水田から採取した子孫原爆の強い放射線によって染色体が切断され、今でも半分ほどの稲に実が入らない「不稔粒」が現れる。同大が研究のために栽培を続け、平和運動に取り組む福岡市NPO法人「九州アジア記者クラブ」が育て継ぐ活動をしている。

(2010-11-26 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

原爆稲の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン石川第2次世界大戦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android