コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原爆被爆者対策基本問題懇談会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原爆被爆者対策基本問題懇談会

1978年、韓国人の被爆者健康手帳交付を巡る訴訟の最高裁判決で「原爆医療法には、国家補償的配慮が根底にある」と判断されたことをきっかけに被爆者対策の理念を明確にするため設置された。委員(全員故人)は、茅誠司・東京大名誉教授(座長)▽大河内一男・東京大名誉教授▽緒方彰・NHK解説委員室顧問▽久保田きぬ子・東北学院大教授▽田中二郎・元最高裁判事▽西村熊雄・元フランス大使▽御園生圭輔・原子力安全委員会委員の7人。

(2010-10-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

原爆被爆者対策基本問題懇談会

厚生相だった橋本龍太郎氏(故人)の諮問機関として1979年6月に設置された。最高裁が78年3月、被爆者援護法の前身にあたる原爆医療法について「実質的に国家補償的配慮が制度の根底にある」と指摘したことを受け、大学教授や元最高裁判事ら7人の委員が議論。80年12月にまとめた報告書は、原爆放射線被害による健康被害は「特別な犠牲」として援護するが、それ以外の戦争被害は「一般の犠牲」と位置づけた。

(2017-10-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

原爆被爆者対策基本問題懇談会の関連キーワード[各個指定]芸能部門平岩弓枝[各個指定]工芸技術部門サーカス大場久美子岩合光昭北村太郎コモロ佐々木崑高橋悠治

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原爆被爆者対策基本問題懇談会の関連情報