コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田 伴彦 ハラダ トモヒコ

20世紀日本人名事典の解説

原田 伴彦
ハラダ トモヒコ

昭和期の日本史学者 大阪市立大学名誉教授;部落解放研究所初代理事長。



生年
大正6(1917)年3月11日

没年
昭和58(1983)年12月8日

出生地
旧満州・奉天(現・瀋陽)

出身地
佐賀県

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部国史学科〔昭和14年〕卒

学位〔年〕
経済学博士(大阪市立大学)〔昭和37年〕

主な受賞名〔年〕
松本治一郎賞〔昭和50年〕

経歴
国民新聞社記者となるが応召。昭和21年復員後、信陽新聞社論説委員を経て、27年大阪市立大学経済学部講師、29年助教授、34年教授、44年経済学部長、55年定年退職し名誉教授。のち八千代学院大学経済学部教授。この間、28年部落問題研究所理事、大阪市同和問題研究室理事を併任、43年部落解放研究所初代理事長となる。日本封建都市研究の第一人者。戦前は国民生活研究会に参加して皇国史観に対抗、戦後は奈良本辰也らとともに部落史に科学的研究のメスを入れ、中・近世都市史と部落史の基礎的研究で顕著な業績を残す。また部落差別撤廃の啓発運動、同和行政の推進に尽した。主著に「中世における都市の研究」「近世入会制度解体過程の研究」「日本封建都市研究」「日本封建制下の都市と社会」「近世村落の経済と社会」「関ケ原合戦前後」「茶道盛衰記」「入門部落の歴史」「被差別部落の歴史」「木曽・信濃路の魅力」などのほか、「原田伴彦著作集」(全7巻・別巻1 思文閣出版)、「原田伴彦論集」(全5巻 思文閣出版)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

原田 伴彦 (はらだ ともひこ)

生年月日:1917年3月11日
昭和時代の日本史学者。大阪市立大学教授
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

原田 伴彦の関連キーワード諸国風俗問状答上京文書城下町木曽谷

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android