原田 種茅(読み)ハラダ タネジ

20世紀日本人名事典の解説

原田 種茅
ハラダ タネジ

大正・昭和期の俳人



生年
明治30(1897)年1月1日

没年
昭和61(1986)年3月1日

出生地
東京市本郷区森川町

本名
原田 種治(ハラダ タネハル)

学歴〔年〕
慶応義塾大学理財科〔大正8年〕中退

経歴
大正8年父の死で大学を中退し、家業の三等郵便局を継ぐ。俳句は、大正6年「石楠」に入会し臼田亜浪に師事、12年同人となり、のち編集に携わる。亜浪没後、27年復刊し主宰するが31年廃刊した。のち「河」所属。句集に「径」(25年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android