コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田ウイルス

1件 の用語解説(原田ウイルスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原田ウイルス

日本人の手で作り出された、最近流行の3大ウイルスの一つ。ウイルスの中に作成者の知人の名前があったのが命名の由来。亜種を作る専用ソフトがあるといわれ、使う画像や悪さをする機能を簡単に変更できるのが特徴。このため、亜種は増え続け、対策ソフトの対応も遅れ気味ともいわれている。「山田ウイルス」「Kakkeys」(カッキーズ)が他の二つ。いずれも、動画や音楽など特定分野に興味をもつ人たちが多く利用するファイル交換ソフトWinny」(ウィニー)などで感染を広げている。

(2008-01-25 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone