コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発の新旧耐震指針

1件 の用語解説(原発の新旧耐震指針の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原発の新旧耐震指針

耐震設計審査指針(旧指針)は78年、国が策定したもので、原発周辺の活断層について評価対象を「5万年前以降に活動したもの」としていた。その後、95年の阪神大震災などを通じて進んだ地震研究の知見を取り入れて06年9月、28年ぶりに改定してできたのが現在の新指針。評価対象の活断層を「8万~13万年前」まで拡大するなど、基準が強化された。

(2009-03-19 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原発の新旧耐震指針の関連キーワード耐震設計審査指針耐震指針食事指針新耐震設計法原発の耐震指針新しい耐震指針耐震化率新耐震指針に基づく再評価新耐震指針設計審査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone