コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発の新旧耐震指針

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原発の新旧耐震指針

耐震設計審査指針(旧指針)は78年、国が策定したもので、原発周辺の活断層について評価対象を「5万年前以降に活動したもの」としていた。その後、95年の阪神大震災などを通じて進んだ地震研究の知見を取り入れて06年9月、28年ぶりに改定してできたのが現在の新指針。評価対象の活断層を「8万~13万年前」まで拡大するなど、基準が強化された。

(2009-03-19 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

原発の新旧耐震指針の関連キーワード耐震設計審査指針

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android