コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発ホワイトアウト げんぱつほわいとあうと

1件 の用語解説(原発ホワイトアウトの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

原発ホワイトアウト

若杉冽による小説。2013年9月、講談社より刊行された。著者は東京大学法学部卒で、霞が関の省庁に勤務する現役キャリア官僚。著者名は偽名で、実名は明かしていない。福島第一原子力発電所の事故後、自民党政権が復活した日本を舞台に、原発再稼働へと強引に舵を切る政治家、電力業界幹部、官僚の癒着と、未だ原発に残る致命的な欠陥を、著者の知る事実をもとに描く。小説の形をとった内部告発本として話題となり、発売1カ月で6万5千部を売り上げている。

(2013-11-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原発ホワイトアウトの関連キーワード群像講談社もやしもん殊能将之ノアール小説ベストカー講談社[株]若杉講談社文化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原発ホワイトアウトの関連情報