コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発メーカー げんぱつめーかー

1件 の用語解説(原発メーカーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

原発メーカー

世界における原発の新規建設数が長い間低迷したことにより、世界の原発メーカーの再編成が進んだ。原子力プラントメーカーは、1980年代には、欧州に4社(フラマトム、シーメンスブラウン・ボベリー、アセア)、米国に4社(ウェスチングハウス〈WH〉、ゼネラルエレクトリック〈GE〉、コンバッション・エンジニアリング、バブコップ&ウィルコックス)、日本に3社(三菱重工業日立製作所、東芝)があった。現在では、WH・東芝、GE・日立、アレバ(仏)・三菱、ロスアトム(ロシア)の4グループ体制になった。日本企業が再編の中心にいることが大きな特徴だ。GEはESBWR(簡易型沸騰水型炉)、WHはAP1000(改良型静的安全加圧水型炉)、アレバはEPR(欧州加圧水型炉)と呼ばれる新型の軽水炉の開発を進めている。

(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原発メーカーの関連キーワード新規購買息が長い気が長い尻が長い手が長い鼻毛が長い住み来原発の老朽化原発の新旧耐震指針ブシェール原発

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原発メーカーの関連情報