コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発メーカー げんぱつめーかー

1件 の用語解説(原発メーカーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

原発メーカー

世界における原発の新規建設数が長い間低迷したことにより、世界の原発メーカーの再編成が進んだ。原子力プラントメーカーは、1980年代には、欧州に4社(フラマトム、シーメンスブラウン・ボベリー、アセア)、米国に4社(ウェスチングハウス〈WH〉、ゼネラルエレクトリック〈GE〉、コンバッション・エンジニアリング、バブコップ&ウィルコックス)、日本に3社(三菱重工業日立製作所、東芝)があった。現在では、WH・東芝、GE・日立、アレバ(仏)・三菱、ロスアトム(ロシア)の4グループ体制になった。日本企業が再編の中心にいることが大きな特徴だ。GEはESBWR(簡易型沸騰水型炉)、WHはAP1000(改良型静的安全加圧水型炉)、アレバはEPR(欧州加圧水型炉)と呼ばれる新型の軽水炉の開発を進めている。

(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原発メーカーの関連情報