コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発事故子ども・被災者支援法

1件 の用語解説(原発事故子ども・被災者支援法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原発事故子ども・被災者支援法

福島第一原発事故の被災者を救済するため、一定基準以上の放射線量を計測する地域を「支援対象地域」とし、国が住民や子どもに住宅確保や健康調査などの支援をすることを定めた。(1)対象地域に暮らす(2)対象地域外に避難する(3)避難先から対象地域へ帰る――のいずれを選んでも支援するのが理念だ。昨年6月、議員立法で成立したが、支援対象地域の場所と支援策に関する基本方針の策定は復興庁に委ねられていた。

(2013-10-10 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原発事故子ども・被災者支援法の関連キーワード三・一一福島第一原子力発電所福島第一原発事故原発事故の防災対策重点区域原発事故調査・検証委員会被災3県の酒蔵の状況福島第一原発をめぐる賠償の仕組み県警の被災地派遣福島第一原発事故の地震の影響

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原発事故子ども・被災者支援法の関連情報