コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発巣と転移

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原発巣と転移

最初発生したがんを原発巣という。がん細胞が血管やリンパ管を介して、身体のあちこちに飛び火することを転移という。早期に発見し、原発巣にがんがとどまっていれば、手術で取り除いたり、放射線を浴びせたりして治すことができる。だが、転移をしてしまった場合は手術や放射線など局所治療では限界があるため、抗がん剤による全身治療が一般的になっている。

(2007-01-30 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

原発巣と転移の関連キーワード転移(腫瘍)肺がん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android