コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発巣と転移

1件 の用語解説(原発巣と転移の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原発巣と転移

最初発生したがんを原発巣という。がん細胞が血管やリンパ管を介して、身体のあちこちに飛び火することを転移という。早期に発見し、原発巣にがんがとどまっていれば、手術で取り除いたり、放射線を浴びせたりして治すことができる。だが、転移をしてしまった場合は手術や放射線など局所治療では限界があるため、抗がん剤による全身治療が一般的になっている。

(2007-01-30 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原発巣と転移の関連キーワードプロモーターがん遺伝子原発原発巣がん細胞抗がん剤食道がん直腸がん肺がんの早期発見肝臓癌 (cancer of the liver; liver cancer.)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone