コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発敷地の活断層調査

1件 の用語解説(原発敷地の活断層調査の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原発敷地の活断層調査

2006年に改定された国の原発の耐震指針による再評価の一環で、旧原子力安全・保安院が今年4月に敦賀原発現地調査した際、専門家が原子炉建屋直下の断層が活断層の可能性があると指摘。これを受け、全国で調査を始めた。指針では12万~13万年前以降に動いたものを活断層と定義している。

(2012-12-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原発敷地の活断層調査の関連キーワード耐震指針原発の耐震指針新しい耐震指針浜岡原発の耐震補強新耐震指針に基づく再評価新耐震指針原発の新旧耐震指針オーストリアの原発政策学校施設の耐震化原発の耐震と費用

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone