原芸庵(初代)(読み)はら うんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原芸庵(初代) はら-うんあん

1643-1716 江戸時代前期-中期の医師。
寛永20年生まれ。京都で医術をおさめ,伊藤仁斎儒学をまなぶ。当時精通する者がいなかった中国の医書傷寒論」を研究,その著者張仲景(ちゅうけい)の治療法を実践した。享保(きょうほう)元年8月10日死去。74歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は永貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android