原 光雄(読み)ハラ ミツオ

20世紀日本人名事典の解説

原 光雄
ハラ ミツオ

昭和・平成期の大学教授,化学者 元・大阪市立大学教授。



生年
明治42(1909)年8月5日

没年
平成8(1996)年10月20日

出生地
山梨県北巨摩郡白州町

学歴〔年〕
京都帝大理学部化学科〔昭和9年〕卒

経歴
昭和11年から「唯物論研究」に自然弁証法に関する論文を発表、12年寺田寅彦の物理学研究に対する態度を批判、話題となった。京大講師を経て、川崎重工業に入社。科学の方法論を近代化学史の研究の中に見出し「科学史研究」に発表、戦後21年「自然弁証法の研究」にまとめた。27年大阪市立大学助教授、のち教授。48年定年退職。その後、阪南大学教授を務めた。著書に「自然弁証法」「化学入門」、訳書にミハイル・イリン「燈火の歴史」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android