コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厩火事・廐火事 うまやかじ

大辞林 第三版の解説

うまやかじ【厩火事・廐火事】

落語の一。馬小屋の火事で大事な馬よりも家来の身を案じた孔子の故事にならい、女房が亭主愛蔵の器を割ってその愛情を試す。亭主は怪我を案じてくれるが、それは髪結いの女房に怪我をされては食い上げになるからだったという話。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厩火事・廐火事の関連キーワード髪結い馬小屋落語火事故事家来怪我女房孔子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android