コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳打

1件 の用語解説(厳打の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

厳打

中国では80年代初め、文化大革命(66年~76年)で農村に下放された大量の若者らが都市部に一挙に戻り、就職難もあって治安が悪化した。当時の最高実力者、トウ小平の「穏健な手法で問題は解決しない」とのツルの一声で83年、大がかりな治安強化運動「厳打」が始まった。1年間の逮捕者は102万人。2万4千人が死刑になったと伝えられる。「流氓罪」の名目の下、恋人とのけんかに対して懲役4年などの極端な刑が乱発された。大半の受刑者はすでに釈放されたとされるが、最近も、最後の摘発があった86年に逮捕された受刑者が出所したと伝えられるなど、多くの人々の人生が狂わされ続けている。

(2011-02-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厳打の関連キーワード紅旗江青周揚造反有理大字報造反文化革命傷痕文学儒教(儒学)と中国野村浩一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone