コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参議・三木 さんぎ

大辞林 第三版の解説

さんぎ【参議・三木】

( 名 ) スル
国政に参与して、政策などを議すること。 「国政を-す/花柳春話 純一郎
(「三木」とも書く)律令制で令外官の一。三位・四位の中から選ばれ、大・中納言に次ぐ重職。平安時代には定員八人となった。八座。宰相。
1869年(明治2)、太政官に設置し、大政に参与した官名。左右大臣に次ぎ、正三位相当。85年廃止。
1937年(昭和12)、日中戦争に際して内閣に設けられた職。重要国務に参与した。43年廃止。内閣参議。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

参議・三木の関連キーワード花柳春話日中戦争平安時代内閣参議中納言太政官令外官律令制国政三木大政重職官名宰相

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android