コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参院選と著名人候補

1件 の用語解説(参院選と著名人候補の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

参院選と著名人候補

1947年の第1回選挙から全国区が設けられ、石原慎太郎氏や故青島幸男氏らが当選。「経費がかかる」などの理由で全国区が廃止され、83年から比例区を創設、拘束名簿式を導入した。比例区は政党名での投票となり、コメディアンの故横山ノック氏は大阪選挙区にくら替え、元五輪体操選手の小野清子氏は86年、東京選挙区から初当選した。「名簿順位で当落が決まり比例区候補が選挙活動をしなくなる」との批判で01年に非拘束名簿式に。個人名での投票も政党の得票になった。

(2007-07-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参院選と著名人候補の関連キーワードスーパーE全国区地方区フィリピンの中間選挙選挙カー費用の公費負担選挙の公費負担選挙公営制度無投票選挙区大野亀三郎三木忠章

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone