コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参院選の一票の格差

1件 の用語解説(参院選の一票の格差の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

参院選の一票の格差

参院選がはじめて実施された1947年に2.62倍だった最大格差は高度成長期を経て都市に人口が集中した結果、92年参院選では過去最高の6.59倍まで広がった。その後、「8増8減」の定数是正がおこなわれ5倍前後まで縮まったが、最高裁は2004年、01年参院選について「今のままでは違憲判断の余地がある」と指摘。さらに「4増4減」の定数是正がおこなわれた。そのため07年参院選は格差が4.86倍になったが、最高裁は十分とせず、選挙制度の抜本見直しを求めていた。現在、格差が5倍の昨年参院選を巡り全国の高裁で「違憲」または「違憲状態」とする判決が相次いでおり、最高裁の判断が注目される。

(2011-02-22 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参院選の一票の格差の関連キーワード参院選挙制度見直し定期昇給姫始め参院選殿始めメークグッド04年参院選統一地方選と統一率自民党と民主党一票の格差を巡る動き

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参院選の一票の格差の関連情報