友枝 三郎(読み)トモエダ サブロウ

20世紀日本人名事典の解説

友枝 三郎
トモエダ サブロウ

江戸時代末期〜大正期の能楽師(喜多流)



生年
天保13年(1842年)

没年
大正6(1917)年

経歴
喜多流の元老。旧熊本藩猿楽に二座・内本座の首席楽頭の家に生まれ、長年喜多六平太に師事。御大典の際、宮中の舞台で針木を演じた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

友枝 三郎
トモエダ サブロウ


職業
能楽師(喜多流)

生年月日
天保13年

経歴
喜多流の元老。旧熊本藩猿楽に二座・内本座の首席楽頭の家に生まれ、長年喜多六平太に師事。御大典の際、宮中の舞台で針木を演じた。

没年月日
大正6年 (1917年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android