友金 藤吉(読み)トモカネ トウキチ

20世紀日本人名事典の解説

友金 藤吉
トモカネ トウキチ

大正・昭和期の教育者 全日本スキー連盟会長。 岡山県におけるスキーの先覚者。



生年
明治20(1887)年5月23日

没年
昭和46(1971)年5月10日

出生地
岡山県真島郡西茅部村(現・真庭郡川上村)

学歴〔年〕
岡山県師範学校〔明治43年〕卒

主な受賞名〔年〕
山陽新聞賞〔昭和28年〕,勲五等瑞宝章〔昭和40年〕

経歴
教員として岡山県の茅部小学校長や徳田小学校長などを歴任。大正11年東京で開かれた平和博でスキーの存在を知り、12年には新潟県高田でスキー用品を購入。13年岡山県下で初のスキー同好会となる蒜山スキー倶楽部を結成し、スキーの紹介と普及・指導に努めた。14年同倶楽部は関西地方で初めて全日本スキー連盟に加盟し、のちには同連盟の会長も務めた。昭和12年に教職を勇退。教育やスキー振興の他にも、蒜山における植物の研究・民俗資料の調査・観光の振興などにも力を尽くし、28年に山陽文化賞、40年には勲五等瑞宝章を受けた。著書に「蒜山盆地植物誌」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報