友釣り・友釣(読み)ともづり

大辞林 第三版の解説

ともづり【友釣り・友釣】

アユの釣り方の一。成魚のアユは川底に縄張りをつくり、他のアユが近づくと攻撃をする。この習性を利用して、おとりアユの尾の後方に掛け針をつけて縄張りに誘導し掛け針に掛ける方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android