コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友釣り・友釣 ともづり

大辞林 第三版の解説

ともづり【友釣り・友釣】

アユの釣り方の一。成魚のアユは川底に縄張りをつくり、他のアユが近づくと攻撃をする。この習性を利用して、おとりアユの尾の後方に掛け針をつけて縄張りに誘導し掛け針に掛ける方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

友釣り・友釣の関連キーワード縄張り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android