コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双子の赤字(Twin deficit)

外国為替用語集の解説

双子の赤字(Twin deficit)

財政収支と経常収支の2つの赤字のことで、特にアメリカの赤字を指す。1980年代に米国では減税や国防支出などで財政赤字が増大、国際競争力の低下で貿易赤字も増大し、双子の赤字ドルの信用を低下させ、プラザ合意を経て急激なドル安となった。クリントン政権下において改善されたが、2003年会計年度の財政赤字はブッシュ政権におけるテロ対策費、戦費、大型減税等により過去最大。国内消費が旺盛なため輸入増による貿易赤字も膨らみ、経常収支の赤字額も過去最大となっている。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

双子の赤字(Twin deficit)の関連キーワードレーガノミックス地政学的リスクレーガノミクスアメリカ帝国協調利上げ財政収支レーガン帝国

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android