コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双林寺義亮

1件 の用語解説(双林寺義亮の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

双林寺義亮

江戸後期の僧。洛東双林寺の住僧。欣亮の男。来青・長喜庵と号する。画を父に学び、山水・人物画を能くする。安政頃の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双林寺義亮の関連キーワード因孝休覚大雅堂清亮仏乗慈僊宝如上人越溪休覚清亮阿夜義亮双林寺宮

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone