コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双葉山 定次 フタバヤマ サダジ

20世紀日本人名事典の解説

双葉山 定次
フタバヤマ サダジ

昭和期の力士(35代横綱)



生年
明治45(1912)年2月9日

没年
昭和43(1968)年12月16日

出生地
大分県宇佐郡天津村(現・宇佐市下庄)

本名
穐吉 定次

別名
年寄名=時津風 定次(トキツカゼ サダジ)

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章

経歴
昭和2年15歳の時立浪部屋に入門。7年入幕、11年関脇、12年1月大関、ついで同年5月35代横綱となる。20年33歳で引退するまでの成績は、優勝12回、全勝8回、276勝68敗で、特に11年1月場所7日目から14年1月場所3日目までの69連勝という未曽有の快記録を樹立。精神と土俵を一体化した相撲道の奥義を究め、威風堂々たる土俵で国民的英雄となった。引退後は21年時津風を襲名、時津風部屋を興し若手の育成にあたる一方、32年日本相撲協会理事長となり、協会の改革に尽くした。一時呉清源とともに璽光尊の新興宗教(璽守教)を信じ、22年1月警察の手入れ(璽光尊事件)で話題となったこともある。179センチ、128キロ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

双葉山 定次 (ふたばやま さだじ)

生年月日:1912年2月9日
昭和時代の力士(35代横綱)
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

双葉山 定次の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)吉田追風(19代)千代の富士貢双葉山定次がぶり寄り穐吉次代上手投げ生年月日大相撲後の先力士

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android