コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り出 とりで

大辞林 第三版の解説

とりで【取り出】

始めたばかりであること。かけだし。しんまい。 「力ばかりを自慢して、昨今-の男/浮世草子・二十不孝 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

取り出の関連キーワードプッシュ (アルゴリズム)イジェクトボタンモノクロメーターディスペンサー組み合わせ生成抽気タービンポップアップオスラー現象アンケーサーエクセルギー野菜収納名人もみ(籾)殻生デンプン骨肉分離機クローン牛高圧ポートはしたない捻り袱紗浮世草子読み出す

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取り出の関連情報