コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り回し・取回し とりまわし

大辞林 第三版の解説

とりまわし【取り回し・取回し】

手に取って回すこと。取り扱い。 「女郎の手づからの燗鍋の-/浮世草子・一代男 2
処置。とりなし。工夫。 「この-が京にて出づれば、遠い江戸までは行かずに済む事を/浮世草子・永代蔵 2
立ち居振る舞い。風体。 「 -も温藉しとやかな方だ/当世書生気質 逍遥
力士の化粧まわし。また、まわし。 「衣服を脱ぐと下には-をしめてゐる/真景累ヶ淵 円朝

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報