取り掛ける・取掛ける(読み)とりかける

大辞林 第三版の解説

とりかける【取り掛ける・取掛ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 とりか・く
取りはじめて途中の状態にある。 「庭の草が-・けたままになっている」
取って掛ける。 「そほ舟に綱-・け/万葉集 3300
攻め寄せる。攻めかける。 「我ラニ-・ケ一大事ニ及バショウズル時/天草本伊曽保」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android