コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り放す・取り離す・取放す・取離す とりはなす

大辞林 第三版の解説

とりはなす【取り放す・取り離す・取放す・取離す】

( 動五[四] )
手に持っていたものをうっかりはなす。 「手綱を-・す」
戸・障子などを開け放す。また、取り除く。 「夏の間は建具を-・す」
取り付けてあったものを離して別々にする。取り除く。 「昼の御座のかたにこぼこぼと物-・す音して/讃岐典侍日記」
取り上げる。剝奪する。 「もとの信陵と云ふ所領をも-・さぬぞ/史記抄 11

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

取り放す・取り離す・取放す・取離すの関連キーワード昼の御座史記抄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android