コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り立てる・取立てる とりたてる

大辞林 第三版の解説

とりたてる【取り立てる・取立てる】

( 動下一 ) [文] タ下二 とりた・つ
むりに取り上げる。強制的に取る。 「借金を-・てる」
特別のものとして数え上げる。特に取り上げる。 「 - ・てて問題とすべき点はない」 → 取り立てて
特に目をかけて重要な位置につかせる。引き立てる。 「課長に-・てられる」
建てる。築く。 「横浜高嶋嘉右衛門の-・てし学校にても/新聞雑誌 31」 「金堂はそののちたふれふしたるままにて、-・つるわざもなし/徒然 25
手に持ち上げる。使用する。 「からうじておもひおこして弓矢を-・てむとすれども/竹取」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報