コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り置き とりおき

大辞林 第三版の解説

とりおき【取り置き】

とりおくこと。売れてなくなってしまわないように、商品を保管すること。
処置。処分。始末。 「諸道具の-もやかましきとて/浮世草子・永代蔵 2
死骸を取り片づけること。埋葬。 「死骸の-にも構はず、野辺に送る人も無し/浮世草子・二十不孝 3
身の処し方。 「けふの日いかにたてがたしと、身躰の-を案じ/浮世草子・胸算用 3
とっておき。 「 -の面がまへに移せし/評判記・難波の顔」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

取り置きの関連キーワードオムニチャネル孔子臭し浮世草子

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取り置きの関連情報