コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り込み・取込み とりこみ

大辞林 第三版の解説

とりこみ【取り込み・取込み】

取り込むこと。 「洗濯物の-」
不意の出来事・不幸などのためにごたごたすること。混雑。 「彼は-中でお休みです」
だまし取ること。 → 取り込み詐欺 〔 (1) 「お取り込み(中)のところ(恐れ入りますが)」などの形で、忙しく働いている相手に対して丁寧に呼びかける際の言葉として用いられる。「お-中のところ失礼します」 (2) 「取り込み中ですので」などの形で、今応対したくない相手に対する断りの言葉に用いられる。「ただ今-中ですので、後ほどまたご連絡ください」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報