取り込む・取込む(読み)とりこむ

大辞林 第三版の解説

とりこむ【取り込む・取込む】

( 動五[四] )
取って中に入れる。取り入れる。 「洗濯物を-・む」 「酸素を-・む」
取って自分の物にする。自分の側に引き入れる。 「少数意見を-・んだ修正案」 「相手陣営に-・まれた」
人をまるめ込む。籠絡ろうらくする。 「我宿は是、ちと御立寄、と-・む事もあり/浮世草子・一代男 4
家内に冠婚葬祭など不時のことがありごたごたする。 「 - ・んでおりますので失礼します」
[可能] とりこめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android