コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取引態様

1件 の用語解説(取引態様の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

取引態様

宅建業者が不動産の売買、交換、貸借に関する広告をする時と注文を受けた時、業者の立場が契約の当事者(売主・貸主)、代理、媒介の3態様のいずれなのかを明示すること。いずれの場合も不動産会社には宅地建物取引業法が適用される。不動産のチラシ等の広告には、必ず取引態様の種類が記載されている。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

取引態様の関連キーワード不動産鑑定士不動産登記不動産登記法決済買戻し権重要事項の説明代理契約仲介業者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

取引態様の関連情報