受精嚢・受精囊(読み)じゅせいのう

大辞林 第三版の解説

じゅせいのう【受精嚢・受精囊】

扁形動物や昆虫類の雌にある生殖器官の一。交尾によって雄から受け取った精子を一時的に蓄えておく袋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる