コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口をきく くちをきく

大辞林 第三版の解説

くちをきく【口をきく】

話す。しゃべる。 「一言も-・かない」
仲介やあっせんをする。とりもつ。 「嫁入りの橋渡し、妾めかけの周旋、何でも-・くやうぢや/社会百面相 魯庵
幅を利かせる。 「私は、地下でも-・く者で御座るに依て/狂言・横座 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口をきくの関連キーワード左平次・左平治・左平二真事問ふ・真言問ふ馴れ馴れしい頰桁を叩く骨箱を叩く鰓が過ぎる小憎らしい勿体らしい大人じみる憎たらしい小差し出づ大口を叩く言葉を挟むいさくさ賢しら口小面憎いちんぴら利いた風小賢しい伊賀専女

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口をきくの関連情報