口先介入(Verbal Intervention)

外国為替用語集の解説

口先介入(Verbal Intervention)

通貨当局が実際に市場に資金を投入することなく、言葉だけで外国為替相場の動きを変えようとすること。財務省高官などが、為替の水準一定の方向に動いて欲しいといった発言、または介入の実施を示唆するような発言をし、市場参加者に向けてアナウンスする行為

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android