コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口先介入(Verbal Intervention)

1件 の用語解説(口先介入(Verbal Intervention)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

口先介入(Verbal Intervention)

通貨当局が実際に市場に資金を投入することなく、言葉だけで外国為替相場の動きを変えようとすること。財務省の高官などが、為替の水準が一定の方向に動いて欲しいといった発言、または介入の実施を示唆するような発言をし、市場参加者に向けてアナウンスする行為。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口先介入(Verbal Intervention)の関連キーワード外貨準備高公開市場操作開発輸入投下投入通貨当局インターベンション(Intervention)介入(Intervention)公開市場操作(open market operation)市場介入(Intervention)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone