口書き(読み)くちがき

大辞林 第三版の解説

くちがき【口書き】

はしがき。序文。こうしょ。
筆を口にくわえて書や絵をかくこと。また、そのかいたもの。
江戸時代、裁判における供述・主張や取り調べに対する返答を記した調書。足軽以下、百姓・町人に関する調書をいい、武家のものは口上書こうじようしよという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口書きの関連情報