コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口書き(読み)くちがき

大辞林 第三版の解説

くちがき【口書き】

はしがき。序文。こうしょ。
筆を口にくわえて書や絵をかくこと。また、そのかいたもの。
江戸時代、裁判における供述・主張や取り調べに対する返答を記した調書。足軽以下、百姓・町人に関する調書をいい、武家のものは口上書こうじようしよという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android