コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口蹄疫(こうていえき)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

口蹄疫(こうていえき)

豚や牛などに伝染する家畜の病気。足や舌に水泡ができてえさが食べられなくなり、急激にやせ衰える。人には感染せず、感染肉を食べても人体への影響はない。感染力が強いため、家畜伝染病予防法に基づき、農場の周囲には移動制限区域が設けられ、家畜の移動が禁じられる。2000年にも、宮崎県と北海道で発生した。中国や台湾、韓国でも発生している。

(2010-04-20 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

口蹄疫(こうていえき)の関連キーワードパン・アメリカン・ハイウェー口蹄疫対策特別措置法アフリカスイギュウ水平線の花火と音楽家畜改良センター輸入食品の安全性ウイルス(医学)農畜産業振興機構家畜法定伝染病国際獣疫事務局動物ワクチン口蹄疫特措法安愚楽牧場県防災の日家畜伝染病ボツワナレフラー疑似患畜レフレル山田正彦

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口蹄疫(こうていえき)の関連情報