口開け・口明け(読み)くちあけ

大辞林 第三版の解説

くちあけ【口開け・口明け】

閉じてある物の口をあけること。封を切ること。
物事の初め。最初。かわきり。 「興行の-の日」
共有の山林や漁場の解禁。
能の形式の一。狂言方の台詞で一曲を始めるもの。狂言口開け。
上方の歌舞伎で、続き狂言の序幕の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android